ZAPAnet総合情報局 > アルトネリコ攻略Wiki > ミシャのトークマターLV2

ミシャが優秀なこと

ライナー:しっかし、ミシャは本当に優秀と 呼ばれるだけあるよな。

ライナー:あっという間に何個も魔法を紡ぎ出せるんだから、本当に驚きだよ。

ミシャ:そ、そうかな?

ライナー:ああ、マジで凄いって!

ミシャ:えへへ・・・まぁ、そんじょそこらの レーヴァテイルとは質が違うのよ、質がね!

ミシャ:・・・なんて言っても、私だって別に完璧ではないんだけどね。

ミシャ:ただ、優秀に見せたいがために昔から 完璧じゃない部分をどうにかして隠してきたに過ぎないだけだし・・・。

ライナー:・・・ミシャ

ミシャ:え?あ、ううん、なんでもないって! ま、私は超優秀ってことで、それでいいでしょ。

ジャックリルラのこと

ミシャ:ねえ、ライナーもアル兄と同じで小さい女の子が好き?

ライナー:と、唐突だなぁ・・・ ってか、ジャックのは完璧に誤解だぞ。

ライナー:あいつ、最初にあったときにグラマラスで 上品なのが趣味だって・・・

ミシャ:ああ、別にアル兄ぃのことはどうでもいいの。 話のきっかけに出しただけだから、忘れちゃって。

ライナー:・・・そ、そうですか。

ミシャ:で、どうなの? ライナーは小さい子が好き? それともグラマーな方がいい?

ライナー:ちょ、ちょっと待ってくれよ。 そんな極端な二者択一しかないのかよ?

ミシャ:そ、二者択一。 正直に答えて。

ライナー:・・・まあ、どっちでもいいかな。 その、そこそこ可愛ければ。

ミシャ:なにそれ、優柔不断。 もっとスパッと答えちゃってよ。

ライナー:か、勘弁してくれ・・・。

・フェベスの実のこと

ミシャ:あ、フェベスの実だ!懐かしいもの持ってるわね。

ライナー:懐かしいっていうと?

ミシャ:知らなかった?これってアル兄の大好物なんだよ。

ミシャ:昔は中毒なんじゃないかって思うくらいにバカ食いしてた時代もあったのよ。

ライナー:・・・なんというか、あいつらしいというか、なんと言うか。

ミシャ:でも、今はほとんど食べないみたいだし、何かあったのかしら?

ライナー:大した理由ではないことは確かだな。なんたって、ジャックだしな。

ライナー:どうせ買う金が無いとか、飽きたとかそんな理由なんじゃないのか?

ライナー:それとも食いすぎで腹壊したとかいうベタな落ちじゃないのか?

ミシャ:ああ、それはないわね。お腹壊すほど食べてたのはしょっちゅだったから、あの人。

ライナー:・・・どうしてそこまでベタなことを何度も出来るかな、あいつは?

・シルヴァプレートの人達のこと

ミシャ:あのシルヴァプレート、よくライナーは疲れないで登れるわね。

ライナー:え?別に軽々登れるってわけじゃないけど?

ミシャ:そうは言わないけどさ、 でもほら、女の子もいるんだからさ。

ミシャオリカでさえあんなに疲れてたんだよ? 運動音痴の私じゃもっと早くへばっちゃうよ。

ライナー:う、うん、そうだよな・・・。 ごめん。

ライナー:確かに、あんな一気に登る必要はないんだよな。 これからは気を付けるよ。

ミシャ:うん・・・でも、そんな場所に人が住んでるんだよね。

ライナー:ああ。しかも結構高齢の婆さんとかいたよな?

ミシャ:小さな子供とか、私くらいの女の人とかもいたよ。

ライナー:・・・・・・・・・・・・。

ミシャ:・・・・・・・・・・・・。

ミシャ:・・・パワフルだね、あそこの人達。

ライナー:やっぱり普通じゃないんだよ、あんなところに住んでる時点でさ。

・下の世界についての感想

ライナー:それにしても、下の世界ってのは珍しいものばっかりだな。

ミシャ:そう? まぁ、ずっと上の世界にいたん だからそう思っても仕方ないわね

ミシャ:私も最初に下の世界に来た時は、 今のライナーと同じ気分だったし。

ライナー:なんか下の世界の方が活気があるっていうか、楽しそうだ。

ミシャ:まぁね。ほたる横丁なんかは 特に活気があるしね。

ミシャ:そのうち暇が出来たら案内してあげる。

・みりん干しの臭いについての話

ミシャ:ねぇ、ライナー・・・もしかしてさ、みりん干し持ってたりしてない?

ライナー:え?ああ、持ってるよ。ってかよくわかったな。

ミシャ:わかったっていうかさ、もしかして気づいてない?

ライナー:え、何が?

ミシャ:みりんの臭い。体に染み付いちゃってるよ。

ライナー:え、マジか!?俺、全然気にならなかった!

ミシャ:自分じゃなかなか気がつかないからね。あとでお風呂行ってきなよ。

ミシャ:みりん臭いライナーはさすがにちょっとイヤだし・・・。

・プラティア宿前でのこと

ミシャ::あ〜あ、せっかく久々のプラティナだったのになぁ・・・。

ライナー:どうかしたのか?

ミシャ:だって・・・プラティナで宿なんかに泊まるなんて、ちょっとガッカリよ。

ミシャ:私、ライナーの家に泊まりたかった・・・ 。

ライナー:えぇっ!? む、無理だよ、あんな大人数も泊まれるところ無いぞ。

ミシャ:じゃ、私だけでも良かったのに・・・。

ライナー:そ、それも問題あると思うんだけど・・・。

ミシャ:んふふ〜、何想像してるのかな? エッチィ!

・銘菓オボンヌのことについて

ミシャライナーって、未だにオボンヌ好きなの?

ライナー:当たり前じゃないか!!

ミシャ:!!

ライナー:あれを嫌いなプラティナ住民がいるわけない!

ライナー:三食オボンヌにしても飽きないくらいだ。

ミシャ:・・・私はごめんかな。

ライナー:え!? あんな美味しいお菓子をどうして!?

ミシャ:プラティナにいた頃に、どこぞの誰かさんに毎日のように食べさせられたからよ。

ライナー:なんだって!? ミシャ、羨ましい生活してたんだな!

ミシャ:何言ってるのよ? 私に食べさせてたのはライナーじゃない。

ライナー:は? ・・・お、俺か?

ミシャ:そうだよ。いい加減飽きたからいらないって言ったら、食べなきゃ遊んでやらないとか意地悪言ってさ。

ミシャ:嫌がる私に、無理やりオボンヌ食べさせて・・・。

ライナー:・・・お、俺、そんなことしてたのか?

ミシャ:そういうわけで、私はオボンヌが苦手なの。 わかったかな、張本人さん?

ライナー:・・・ご、ごめんなさい。

アルトネリコ攻略Wiki トップページに戻る
最終更新日:2007年09月14日 (金) 17:38:00   HTML convert time:0.001 sec.
今日:1   昨日:2   累計:1000