ZAPAnet総合情報局 > アルトネリコ攻略Wiki > オリカのトークマターLVLE

オリカのトークマター

・ファンシーショップのこと・4

オリカ:ねえ、ライナー

オリカ:今度はいつ、プラティナに行く?

ライナー:え? そうだな・・・まあ、そんな遠くないうちに行くとは思うけど?

オリカ:そっか・・・じゃあさ、一つお願い、いいかな?

ライナー:あ、わかった。

ライナー:ファンシーショップに行きたい、だろ?

オリカ:う、うん・・・よくわかったね。

ライナー:勘が当たっただけだって。

ライナー:いいよ、何か欲しいものあるんだろ?

オリカ:ん・・・でも、ライナーに買ってもらいたいかな。

ライナー:・・・プレゼントしろ、ってことっすか。

オリカ:そうだけど・・・自分のも買わないと、ダメだよ。

オリカ:その、ね・・・おそろいの物が欲しいかな、って・・・ダメかな?

ライナー:え・・・お、おそろい?

オリカ:そういうのって、プレゼントだと嬉しいから・・・ダメかな?

ライナー:あ、うん・・・って、選ぶのも俺?

オリカ:えへへ・・・期待してるよ。

・何か言いたげなオリカの話・7

オリカ:あたしね、今までライナーを信頼してるからダイブしてる、みたいなこと言ってたけど、本当は少し違ってたんだ。

ライナー:そりゃ仕方ないよ。なんたって出会った時に死にかけてたような男だもんな。

オリカ:ううん、そうじゃないの。

オリカ:あたし、昔から結構放任っていうのかな?

オリカ:誰からもあまり相手にされなかったから、束縛されることが無かったんだよ。

オリカライナーは好きだけど、その・・・やっぱり、ダイブして親しくなればなるほど、自分の自由がなくなるのかなって・・・。

オリカ:そう思ったら、少しだけ嫌だと思ったりもしてたんだ。

オリカ:もしかしたらダイブしたときに、そのことも見られちゃったかな?

ライナー:え? うーん・・・でも、今はそうは思ってないんだろ?

オリカ:うん。一人の自由は減るかもしれないけど、それでも、二人で出来ることを探したいんだ。

ライナー:そっか・・・てかさ、サラッと流したけど、オリカが結構大胆発言してたことの方が気になるんだけど・・・。

オリカ:え? ・・・あ!!

ライナー:ははは、まあ、俺は嬉しいからいいけどな。

・コスモスフィアの中のこと・2

オリカ:そういえばさ、あたしのコスモスフィアなんだけどさ・・・もう、ほとんど見ちゃったんでしょ?

オリカ:お疲れ様、でいいのかな? 随分と大変な思いしたんじゃないのかな?

ライナー:ま、まあな・・・でもまあ、何とか生きてるから良しとしないといけないし・・・。

オリカ:ず、随分と大変な目にあったみたいだね・・・ごめんね、本当に。

ライナー:いや、まあ・・・大変でなかったと言えばウソになるけどさ、それでも、楽しくはあったよ。

ライナー:色んなオリカにあって、毎回トラブルに巻き込まれて・・・

ライナー:・・・よ、よく生きていられたな、俺。

オリカ:・・・あ、あたしの心の中って、そんなに危険な場所だったんだね。

ライナー:でも、誰でも同じみたいだよ。

ライナー:レベルの深いところまで行けば、それだけ危険になるのはさ。

オリカ:そうなの? だったらちょっと安心したかも。

オリカライナーを嫌ってるって間違われたら嫌だもん、あたし。

ライナー:ダイブさせてくれてる時点で、嫌われてるとは思わないけどな。

オリカ:もう、考え方卑屈だよ。

オリカ:嫌って無いからダイブさせちゃうような女の子じゃないよ、あたし。

オリカ:そんな何人もダイブさせるの、あたし、嫌だから・・・。

オリカ:・・・で、まあ、それはそうと結構苦労をかけちゃったみたいだからさ・・・これくらい、しちゃおっかな。

ライナー:これくらいって、うわっ! ひ、膝枕か!?

オリカ:っと・・・えへへ、ライナーの頭って意外と軽いね。

ライナー:脳みそ詰まってないみたいな言い方するなよ。ってか、どうしていきなりこんなことを?

オリカ:色々大変な思いさせちゃったみたいだから、そのお礼とか色々兼ねて、かな?

オリカ:本当はあたしがしてもらおうかなとも思ったんだけど、まあ、気が変わっちゃったから。

オリカ:疲れてるでしょ? このまま寝ちゃっていいよ。

ライナー:いや、まあその・・・寝たいと思う気持ちはあっても緊張が邪魔して多分寝れないんじゃないかと…

オリカ:じゃあやめる?

ライナー:・・・また返答に困る質問を・・・

オリカ:えへへ、ウソだよ・・・おやすみね、ライナー・・・。

・モジモジしているオリカの話

オリカ:・・・・・・・・・・・・。

ライナー:・・・・・・・・・・・・。

オリカ:あ、あのさ、ライナー・・・・・・そ、その・・・・・・。

ライナー:・・・どうかした?

ライナー:なんか、さっきからちょっと様子が変みたいだけど。

オリカ:う、うん・・・あたしのコスモスフィアを最後まで見た感想、っていうのかな?

オリカ:なんか、気になっちゃって・・・聞かせてくれたら、嬉しいかも、って・・・。

ライナー:感想? う〜ん・・・一言で答えるのは、ちょっと難しいかな。

ライナー:色んなことがあったけど、その度に色んなオリカを見てきたからな。

オリカ:色んなあたしって?

ライナー:まあ、感情って言ったらいいのかな?

オリカ:そっか・・・じゃ、じゃあさ、その・・・あたしのライナーに対する気持ちって、わかってくれてるんだ。

ライナー:・・・まあ、見ちゃったからな。

オリカ:もう・・・優柔不断にしろ、奥手にしろ、あんまり待たせちゃ嫌だからね。

オリカ:そうじゃないと、こっちから行動しちゃうかもしれないよ・・・。

・バブルパッションでの戦闘は?・2

オリカ:あのね、ライナー。一つお願いがあるの。

ライナー:お願い? いいよ、言ってみなよ。

オリカ:うん。じゃあその前に・・・変身!

ライナー:な、なんで変身!?

ライナー:って、わぁっ! そ、その格好!?

オリカ:何って、ライナー、いつもこの格好であたしに戦わせてるでしょ?

オリカ:言わなくてもわかってるとは思うけどさ…凄く恥ずかしいんですけど?

オリカ:みんな見て見ぬ振りしてくれてるけどさ、あれ、余計に恥ずかしいよ・・・。

オリカ:だから、その・・・あんまり外ではこんな格好したくないな。

ライナー:う・・・ご、ごめん。

オリカ:あたしだって、女の子なんだからね・・・。

オリカ:でも・・・ライナーと二人きりの時だったら、この格好でもいいんだけどさ・・・。

・セレモニーを着ての戦闘は?1

オリカ:ねえ、ライナー・・・ライナーってあの、どうしてあたしにセレモニー着させるの?

ライナー:え?

オリカ:だ、だって、戦闘の時いつもあたしに着させてるでしょ? あれってその・・・なんでかなって・・・。

オリカ:時々なんだけどね、通行人に変な目を向けられるんだよ。ドレス姿で戦ってるって。

ライナー:うわ、マジか!? ごめん、気づかなかった・・・。

オリカ:だからさ、せめてどうしてドレス着させて戦わせるのかなって、その理由聞きたくて・・・。

ライナー:いや、その・・・やっぱ折角のドレスなんだから、着ないと勿体無いだろ?

オリカ:・・・・・・それだけ?

ライナー:それに、その・・・似合うしさ・・・。

オリカ:わ! そ、想像以上の答えが!?

ライナー:な、なんだよそれ? でも、変な目で見られるならやっぱドレスは・・・。

オリカ:ううん、着る! っていうか、これじゃないとやる気下がるかもしれない。

ライナー:はぁ? なんだそりゃ? 見られてもいいのかよ?

オリカ:もう気にならないから平気だよ。えへへ・・・。

・セレモニーを着ての戦闘は?2

オリカ:さて、イキナリなんだけど・・・変身!!

ライナー:い、いきなりか!? って・・・そ、その格好は・・・。

オリカ:あ、あはは・・・やっぱり、二人っきりの時にこの格好するの、やっぱり照れるね。

ライナー:いや、まあその・・・俺の方も照れるぞ。 でも、どうしていきなりそんな格好を?

オリカ:だって、いつも戦うのばっかりで、ちゃんと見てくれないんだもん。

オリカ:仕方ないってことはわかるけどさ、

オリカ:だったら、少なくとも今くらいはしっかりと見てもらいたいなって・・・。

ライナー:あ、ああ・・・その、凄く似合ってると思うよ。

オリカ:・・・本当?

ライナー:ウソじゃないって。 ってか、なんか恥ずかしくてあんまり凝視は出来ないけどさ・・・。

オリカ:ま、まあ、そうだよね。あたしも結構恥ずかしいし・・・。

オリカ:でも、嬉しいな・・・またいっぱい、ライナーが見るのに慣れるまで着てあげるからね。

・マルローネを着ての戦闘は?

オリカ:そういえばさ、あのマルローネって服、一体なんなの?

オリカ:この前、戦闘が終わったら偶々見ていた人がコスプレだ、とか言ってきたんだよ。

オリカ:コスプレって、なに?

ライナー:さ、さあ?

オリカ:っていうか、こういう服をどうやって手に入れてくるのかが不思議なんですけど?

オリカ:・・・あたしの心の中で、変なことしてたんじゃないでしょうね?

シュレリアのコスモスフィアの話

オリカ:なんだか、シュレリア様とライナー、ちょっと親密になりすぎてるよね・・・。

オリカ:結構ダイブもしてたけど、その・・・そんなに深いところまで行っちゃったんだ?

ライナー:ん・・・ま、まあ、シュレリア様の場合はコスモスフィアってわけじゃないからな。

オリカ:そうなんだ・・・別に、対抗したいとかそういうこと思ってるわけじゃないんだよ?

オリカ:でも、正直少しだけ、その・・・嫉妬はしてると思う。

オリカ:あたし、ライナーにだったらどれだけダイブされても、絶対に拒まないからね。

オリカ:それだけは覚えてて欲しいな。

アルトネリコ攻略Wiki トップページに戻る
最終更新日:2010年07月29日 (木) 23:30:10   HTML convert time:0.001 sec.
今日:1   昨日:3   累計:1010