ZAPAnet総合情報局 > アルトネリコ攻略Wiki > 001〜020 オリカ

グラスメルク命名リスト

・フォトングラス

ライナー: よし、出来たぞ、フォトングラスだ。 鏡だから丁重に扱わないとな。

オリカ: 鏡まで作れちゃうんだね。

ライナー: 俺もちょっとビックリしてるよ。 だけどまあ、結構簡単に出来たんだよな。

ライナー: もっと難しいものかと思ったんだけど、 意外と簡単で驚いた。

オリカ: でもこれ、彩音回廊でしか使えないんだよね。 もったいないから、朝かみとかす時とかに使え ないかな。

ライナー: いや、その気持ちはわかるけど、 ずっと持ち運んでたら大変だぞ?

・ネジ

ライナー: 超頑丈なネジ、パワードビスの完成だ!

オリカ: 見た目は普通だけど、そんなに頑丈なの?

ライナー: なんたって鉄骨丸々一本に研磨剤とドラゴン ハートを混ぜて、ネジのサイズに凝縮したん だからな。

ライナー: 魔法を叩き込んでもまず傷一つ付かないこと 間違い無しさ!

オリカ: …や「超凝縮ネジ」って名前にした方が、 いいと思うよ?

・羅針盤

ライナー: グラバード羅針盤、出来上がりだ!

オリカ: なんだか地球儀みたいだね。

ライナー: まあ、確かに似てるところはあるな…。 まさか「地球儀モドキ」とか言わないよな?

オリカ: まさか、 そんなこと言わないよ。

オリカ: 「えせ地球儀」。

ライナー: だーめーだって! これはグラバード羅針盤で行くんだ。

オリカ: えーっ!

・木の箱

ライナー: 喫煙者が大喜び、カントの火箱の完成だ!

オリカ: 私は喫煙者じゃないけど、便利そう だね。火が必要になったら、これで すぐ使えるんでしょ?

ライナー: ああ、もちろん。 片手で簡単に火が起こせるぞ。

オリカ: マッチよりも便利だね…じゃあ、 「チャッカリ着火箱」って名前に しちゃおうか?

・白い粉

ライナー: 出来た、と言うほどのものでもないけど、 とりあえず完成だ。

オリカ: あ、「白い粉」。

ライナー: そういうこと言うなよ。 勘違いされるだろ!?

オリカ: でも白い粉でしょ? カッコイイからいいじゃない。

・超文明のメカ

ライナー: よし、ハーモナイザの完成だ!

オリカ: でも何か、ただのブロックにしか見えないよね。

ライナー: まあ、仕方ないさ。 これだけじゃあまり意味のないものだしな。

オリカ: え、そうなの?

ライナー: 増幅器を作る時に使うのがこれってわけで、 そのための部品みたいなものなんだよ。

・磁石

ライナー: よし、出来たぞ。

オリカ: …正直、見ただけじゃこれがなんなのか わからないね。

ライナー: 磁石だよ、フランメルト磁石っていうんだ。 色んなアイテムを作る時に役に立つんだぞ。

オリカ: へ〜、そうなんだ。 でも、磁石にもあまり見えないよね?

ライナー: 結構無理しないと… 無理しても見えないかな、多分。

オリカ: あ、でもでも、これって叩いたら凄くいい音 するね。

ライナー: あ、本当だ。 材料に唄石を使っているせいかな? 綺麗な音だな。

・石木栄養剤

オリカ: ねえライナー、なんか石木栄養剤ってさ、 ほんのりと食欲を誘う香りがするんだけど?

ライナー: そりゃそうだろ。だってこれ、にょ?ギモと カミナリキノコ入ってるし…。

オリカ: …そんなもので石木って成長しちゃうの?

ライナー: するさ、栄養満点だしな。

オリカ: あ、瓶の中に何か浮いてる。

ライナー: カミナリキノコの一部だよ、 栄養をかけらも残さず取れるように、 漬けてあるんだ。

オリカ: それは…いろんな意味でぐんぐん 育ちそうだね…。

・綿

オリカ: うわぁ、ふかふかの綿だね。

ライナー: そうだろ? すずなり草から作った綿なんだよ。

オリカ: すずなり草から? アレってこんなにふわふわになるんだ?

ライナー: ああ。爆弾でドカンと粉々にしたものを 集めると、こんな柔らかい綿になるんだぞ。

オリカ: …なんだか、爆発の時に砂埃とか色んな ものが混じってそうで、嫌かも…。

ライナー: それを全て取り除くのも作業の一貫さ。 とりあえずまあ、大自然の綿って名に 相当しいデキだろう?

オリカ: すごい強引な作り方…。 「アフロンコットン」の方が似合ってるよ。

・鉄

オリカ: なんだか硬そうな鉄だね?

ライナー: そりゃもちろん。 これはブラスト越えをするのに必要な 飛空挺のパーツにもなるんだからな。

オリカ: へぇ…結構重いね。 なんだかこれ、足の小指に落とした時のこと 考えたら怖くなってきたよ。

ライナー: いや、そんなこと考える必要ってあるのか?

・布

ライナー: 結構難しいもんだな、これって…。

オリカ: 何だかあまり綺麗な布じゃないね。 色んな布がつぎはぎにされてて…。

ライナー: そのつぎはぎのせいでメチャクチャ苦労 したんだよ。しかし、結構色んなもの入れた なぁ。

ライナー: こっけいな服だろ、オボンヌTシャツだろ、 それと仲結いの糸。 ちょっと勿体無いかな?

オリカ: 仲結いの糸入ってるんだ…。 こっけいな服とオボンヌTシャツの仲を 結った結果、こうなったんだ。

オリカ: 材料は一流なのに見た目がすごく 貧乏そうなんだよね。 「ボンビー布」…。

・ぬいぐるみ

ライナー:出来た! 見かけによらず、結構大変だったけど、何とか作り終えたな・・・。

ライナー:さっそくオリカにプレゼントするか・・・。

ライナーオリカ。ちょっといいか?

オリカライナー・・・?どうしたの?

ライナー:これ・・・俺が作ってみた。 良かったら受け取ってもらえないか?

オリカ:これは・・・どんすけ・・・。 ライナーがどうして・・・どんすけを・・・

ライナー:昔大切にしていたんだろ? 子供の頃から・・・そして今でも、心の支えになってるって・・・

オリカ:・・・。 誰がそんなことを・・・?

ライナー:ご、ごめん・・・。 ・・・実は、オリカのコスモスフィアの中で、色々過去のことを知ったんだ。

ライナー:心の支えだったどんすけをスクワート村に残して、一人で頑張ってるって事も知った。

ライナー:だから、そんなオリカに俺からのプレゼント。 少しでもオリカの元気に繋がればと思って。

オリカ:・・・ライナー・・・

オリカのダイブLv7で必要になり、作った場合のみ)

・フリッパー

ライナー: フリッパー出来上がり!

オリカ: これってさ、飛空挺の浮遊機関なんだよね? 浮くの?

ライナー: ああ、もちろん。

オリカ: なんだかそのまま乗っかって空を飛んで みたいよね?

ライナー: お、それいいかもな。 飛空挺とはまた違った楽しさがあるな。

オリカ: …。

ライナー: …。

オリカ: でも、想像してみるとちょっと怖いかも…。

ライナー: ってか、回転している円盤にどうやって 乗るんだよ…。

・ラムクラスタ

ライナー: ブラスト超えも出来る飛空挺のエンジン、 ラムクラスタだ!

オリカ: うわぁ、なんか見るからに凄いね。

ライナー: まあな。でも、これだけで使ったら とんでもないことになるんだけど…。

オリカ: え?これだけじゃ使えないの?

ライナー: 使えなくはないけど、グラバード羅針盤を 使わないと制御できないんだよ、困った ことに…。

ライナー: これはもうグラバード羅針盤が 入ってるから大丈夫だけどな。

・シェアリングコア

ライナー: ふぅ、どうにかできたけど精神的に疲れた…。

オリカ: お疲れ様でした。 そんなに作るの難しかった?

ライナー: いや、作ったのがブラスト越え用の飛空挺の高出力エネルギーを作り出すアイテムだったからだよ。爆発したら、大変だろ?

オリカ: 私達、吹っ飛んじゃう?

ライナー: この辺り一体が焼け野原になると思うぞ、冗談抜きで…。

オリカ: それって、物凄く危険なんじゃないの!?

ライナー: だから作るの苦労したんだよ。 作ってる途中で爆発したら、シャレにならないだろ?

オリカ: 確かにそうだね…。 でもそれくらい唐突なら、ビックリする暇もないからかえっていいかも…。

ライナー: (な、なにが!?なにがいいんだオリカ!)

・オカリナ

(会話無し)

・水槽

ライナー: 三極式共鳴培養槽! 作るの苦労したよ。

オリカ: 凄いね。これって何かを入れて培養する ためのものでしょ?

ライナー: そうだよ。 さて、何を培養するとしようかな?

オリカ: ホムンクルスは?

ライナー: ま、まあこれなら出来ないことはないだろう けど…あまり作りたくないな。

オリカ: でもこれなら出来るんだね。 すごいもの作っちゃったね。

ライナー: あまりいい意味でのすごいではないけどな…。

・たる

ライナー: 高純度溶解炉完成だ! これで溶かせないものは存在しないと 言っても過言じゃないぞ!

オリカ: そんなに凄いの? 何か見た感じ、豪華なガスコンロにしか 見えないけど?

ライナー: カントの火箱から出る火にドラゴンハートを 混ぜたんだ。 下手すると土台まで溶けるほどなんだぞ。

オリカ: …それ、使うのが危険なような気がする。

オリカ: それにこんな大きいもの、持ち歩きたく ないな、あたし…。

・シナプス

ライナー: 動力神経節完成!神経ってだけあって、 繊細な作業ばっかりで疲れたよ。

オリカ: まあ、これだけ細いんだから疲れないほうが おかしいのかもね。

オリカ: でも、これって機械なんでしょ? あまりそうは見えないよね?

ライナー: 確かに、なんとなく生物の神経を想像させる よな。でも、中身はちゃんと機械なんだぞ。

オリカ: こんな細いのに、凄いね。でも、この色だと イカソーメンに見えるからなんとなく 美味しそうに…。

ライナー: 食べたら毒だからな。

・細胞

ライナー: D3細胞…なんだかちょっと不気味な点が いくつかあるけどな。

オリカ: え、問題あるの?

ライナー: いやさ、これ、D2細胞ににょ?ギモ入れて 作るんだよ…。

オリカ: …なんでにょ?ギモ? それって、なんか色々とマズイような気が するけど…。

ライナー: 俺はレシピ通りに作っただけだって。 とは言うものの、やっぱり色は問題だよな…。

オリカ: 確かに、何か凄い毒々しい色だよね。 あんまりいいものには見えないかも。

オリカ: でもなんとなくにょ?ギモ入ってるから 食べられそうな気もするけど…

ライナー: 食べたら大変なことになると思うけどな…。

アルトネリコ攻略Wiki トップページに戻る
最終更新日:2007年10月09日 (火) 01:44:55   HTML convert time:0.001 sec.
今日:2   昨日:2   累計:211