ヒュムノス

TOP

概要

  • ゲームに使われているヒュムノスと呼ばれている曲の解説等々
    ほとんどはゲーム本編のエクストラで聴け、サントラ3枚に収録されている
  • 内容にネタバレが含まれているので、ゲーム未クリアや初見の人は注意
    • 念のために白字記載もしてみた

謳う丘〜Harmonics TILIA〜

  • 作詞作曲:土屋暁 ボーカル:志方あきこ
  • OP使用
  • 1分少々の内容で惑星アル・シエルの歴史を詰めてみた、とのこと
  • オリジナルサントラと、咲夜琉命の両方に収録

EXEC_CUTYPUMP/.

  • 作詞:東川遥 作曲:井内舞子 ボーカル:あう(ぐしゃ人間)
  • 敵であり、第3世代RTであるミュートの詩 戦闘BGMとして使用
  • 題名通りのキューティーなパンプロック
    デスボイスな出だしと、サビのクリーンボイスの落差に驚け!
  • 効能としては自らの肉体を超強化させて世紀末覇王じみた物に変質させている
  • サントラの珠洲ノ宮に収録

EXEC_EP=NOVA

  • さくしさっきょっく・うたったひと:しかたあきこ
  • 全編童謡の様な構成であり、ひょっとしたら電波ソングの仲間入り
  • 効能は一定範囲にD波のショックウェーブを放ち、導力戦艦やRTを一時行動不能にさせる
  • 本来は戦闘曲らしく猛々しい構成を与えられていたが、
    サキの性格から「けんかはやーめーてー!」という可愛らしい曲へと上書き創造されている
    • これはサキのヒュムノス担当の志方あきこが、前作でのヒロイン同士のいがみ合いを見て素直に思い浮かんだ「想い」を元にしている
      よって、制作面でも土屋Pから与えられた詩の想いは(あえて)全て無視され、この曲をほぼ0から書き上げている
  • サントラの咲夜琉命に収録 OSTにアレンジの「にゃものうた」がある

風標

  • 作詞:井筒日美 作曲:伊藤賢治 ボーカル:井上あずみ コーラス:藤本記子
  • PHASE2冒頭に流れる曲
  • 豪華メンバーによる編成は、雰囲気的にも「少年の旅立ち」にピッタリ
  • 古風な言い回しの歌詞は伝承詞を表現している
  • サントラの珠洲ノ宮に収録

EXEC_FLIP_FUSIONSPHERE/.

  • 作詞:日山尚 作曲:霜月はるか ボーカル:霜月はるか
  • PHASE3フィンネルが謳った曲
  • ダイブ等ではなく、即興で紡ぎ出したものであり、効能は自身の変身 ただし、導力量が足りないために塔の回線を焼き切る為だけに謳われている つまり自爆技
  • コスモスフィアでも同様のヒュムノス語があるので、自身に取り込んで対消滅でもさせようとしたのだろうか? 後のサキとのイベントと非常に良く似ている
  • フィンネルの献身的とも言える愛情が起こした奇跡、と書けば思い入れもひとしお?
  • サントラの珠洲ノ宮に収録

EXEC_METEMPSYCHOSIS/.

  • 作詞:江幡育子 作曲:上野洋子 ボーカル:yoko
    • 上野洋子とyokoは作曲:ボーカル上の使い分けであって同一人物
  • PHASE3アカネの謳うヒュムノス でも「ガーディアン戦の曲」とか「運命の戦い」とか書いた方がわかりやすいかも
    効能はリンカーネイションの制御(遮断) カテナの支援によってティリアが復活するための手段であり、導力停止は副次的影響でしかない
  • サントラの咲夜琉命に収録

EXEC_FLIP_ARPHAGE/.

  • 作詞作曲・ボーカル:志方あきこ
  • PHASE3終盤でサキの謳うヒュムノス TVCMでも使用されていた
    ゲーム本編とエクストラでは#1と#2の二部構成だが、サントラでは一繋ぎの曲
  • 効能はサキのコスモスフィアで育てられていた抗体意志アル・ルゥへのワクチン、ウル・ルァをぶつけ、対消滅させるもの その際にサキ自身も「FLIP」の効能によって変身させられ、相手共々消滅する危険がある
  • #1と#2で曲調がガラッと変わるのは、サキ自身が自らの使命を思い出し、文字通り意志が切り替わったからである
  • サントラの咲夜琉命に収録

EXEC_ViiBaCi_MjiiRa/.

  • 作詞:日山尚 作曲:霜月はるか ボーカル:霜月はるか
  • 読みは「ヴィーベイスィミーラ」
    ただし、律詩前月詠による想いの文字列表現に近いので、正確な意味のある単語としての読みとは言えない
  • PHASE3、アル・ルゥの復活と共に流れる曲 一部には「星語」である律詩前月詠が使われている
  • 効能はムーシェリエルによって抗体を作り出し、全てを破壊させる命令をだしている
  • 歌詞には日本書紀の日本列島創世の一端と思われる部分がある
  • サントラの珠洲ノ宮に収録

chmod b111000000/n

  • 作詞:柚楽弥衣 作曲:高橋麗子 ボーカル:柚楽弥衣
  • ノーマルエンド、もしくはPHASE4ハーヴェスターシャ戦で使われている曲
  • 読みは「チェンジモード・ななまるまるえぬ」 思いっきりUNIXコマンド系の意味である
    つまり、8進数で700 自らにeXec.Write.Readの全権、相手にはアクセス権の剥奪。ウィルスアタックへの攻撃態勢への移行を意味している
    余談だが、自らの属するグループのアクセス権も剥奪している
  • サントラの珠洲ノ宮に収録

EXEC_COSMOFLIPS/.

  • 作詞作曲・ボーカル:KOKIA
  • PHASE4でティリアが謳う曲
  • 効能は星の意志を取り込み、惑星対話を可能にさせる ただしなぜかティリアにはインストールされず、700年の時を経てダウンロードされることになる
  • 後にARPHAGEなどに応用された、と考えることも出来る
  • サントラの咲夜琉命に収録

EXEC_REBIRTHIA=PROTOCOL/.

  • 作詞作曲・ボーカル:KOKIA
  • PHASE4でティリアが謳う曲 出だしはリンパ管で流れては途切れていた物
    ティリアはある事件が原因で、その後のメロディを忘れていた為に、謳えないでいた
  • 効能は自身の塔への変身 そして惑星再生計画のプログラムをハーヴェスターシャにインストール、その他もろもろの準備を一気に形成する
  • サントラの咲夜琉命に収録

EXEC_Z/.

  • 作詞:東川遥 作曲:井内舞子 ボーカル:東川遥
  • PHASE4リッカの謳う戦闘曲
    「ただ終わらせる為だけに謳う自暴自棄な詩」「ヒュムノスらしくないヒュムノス」とのこと
  • 効能は詳しくは不明だが、XPシェルのD波シールドの展開 副次効果で広範囲の人間の精神へ多大な負担をかけて精神崩壊を強いるものと思われる
    • 設定資料集によると、レーヴァロイドを作る際に、抗体と人間をくっつける「糊」の役目をする詩 あの場で謳っていたということは、主人公一行もそうする気だったのだろうか…?
  • サントラの珠洲ノ宮に収録

METHOD_HYMMELI/.

  • 作詞:片霧烈火 作曲:HIR ボーカル:片霧烈火
  • PHASE4でココナの謳うイベント曲
  • 効能は第二塔、ソル・マルタのメタファリカ大陸から導力を妄想化せず、そのまま第三塔の導力吸収板であるカイラ板へ送り届ける 例えるなら、詩魔法アルトネリコに近い物がある
  • サントラの珠洲ノ宮に収録

XaaaCi

  • 作詞:みとせのりこ 作曲:弘田佳孝 ボーカル:みとせのりこ
  • PHASE4終盤、巨大抗体ゼクス・ルゥ戦で流れる曲
    歌詞には禍々しいまでの敵意と、愛が満ちあふれている
  • 解析によると、多重音声が100近くあるとか…
  • サントラの珠洲ノ宮に収録

Ec Tisia〜Tarifa

  • 作詞作曲・ボーカル:志方あきこ
  • ラスボスのシエラ戦で流れ、四部構成 特に三〜四部はエンディング曲である「Ec Tisia」をかなり編修して使用していると思われる
  • ネタバレ防止のためか、サントラ3枚のいずれにも収録されておらず、エクストラでも聞くことが出来ない

Ec Tisia

  • 作詞作曲・ボーカル:志方あきこ
  • 正真正銘のエンディング曲
  • ほぼ全編が律詩前月詠による「星語」表記である
  • 後半には今までのシリーズでのOP曲、謳う丘が一部そのまま使われている
  • サントラの咲夜琉命に収録

トキノスナ

  • 作詞:志方あきこ・波野渉 作曲・ボーカル:志方あきこ
  • サキのノーマルエンドでのみ流れる曲
  • 紙芝居「魔王と勇者の物語」完全版と相まって感涙率が高い

星巡りの詩

  • 作詞:日山尚 作曲:霜月はるか ボーカル:霜月はるか
  • フィンネルのノーマルエンドとCS第9階層のイベントで流れる曲

光の中に

  • 作詞作曲・ボーカル:KOKIA
  • ティリアのノーマルエンドでのみ流れる曲
  • 箱入りティリアのお姿で真説ルート認定者多数

戦闘曲

  • 正式名称は「EXEC_HYMM_BATTLESPHERE /.」
  • ヒロイン三人それぞれに「#Saki extracting」などの専用曲がある
  • 「EXEC_HYMM」はRTなら誰でも謳えるプリセット詩であり、効能は妄想の具現化
    今回のシステムでは敵へぶつけるキャラ(心の護)の創造、味方前衛へ回復魔法、パージによる効能追加など様々な効果があり、歌的にも「即興的な性質を持つRTの詩」というものへと一番近づけている
  • 曲調は「R.A.H」というシステムによってリアルタイム処理されており、その時々によって激しく変化する
    人格、ヒューマの種類、戦闘状況等々で100近くの判定要素があると思われる
  • オリジナルサウンドトラックに収録
    だがRAHの要素全てが収録されているわけではなく、一番聞きやすい編曲がされているだけである
  • ゲームのエクストラで聞くことは不可能 だが戦闘で一番よく聞いている詩であるはず
  • また、常に変化するため再現性は極めて低く、曲調は詩調合である程度決まっているが、同じ音楽になっているかというと実は多数の判定要素が全く同じ状況でない場合、どこかが違うものになっている。

EXEC_HYMM_BATTLESPHERE /.#Saki extracting

  • ボーカルは片霧烈火
  • サントラではいきなり「ブリ・ハマチ」と連呼する脅威の出だし
  • 他にも「にゃしゃむ・にゃしゃむ、どきどきハート ぎゅうぎゅっ!してほしいです」
    「ホットケーキスクランブル」などの名台詞?がある

EXEC_HYMM_BATTLESPHERE /.#Finnel extracting

  • ボーカルは霜月はるか
  • 全般的に鼓などの日本的拍子が多い
  • 「祭だ祭だワッショイワッショイ」「怪傑ツインテール、参上!!」「悪い奴らはボッコボコよー!!」
  • 「闇に染まろうとも、ボクは君を許さない」はソーマの台詞か?

EXEC_HYMM_BATTLESPHERE /.#Tilia extracting

  • ボーカルは片霧烈火&霜月はるか 他二人の曲が混じることあり?
  • 全般的にポップと言える曲調 エレキテクノもあり
  • 「この世界をたまに ぶっ壊したいな」はオリジンにあるまじき台詞
  • 「進め 突撃だ 大軍を押しのけろ」